SSブログ

国際交流フェスティバル 草加市 [文化]

IMGP5035.jpgバリの手工芸品
先日、獨協大学で開かれた「国際交流フェスティバル」に行ってきました。
日本も国際色豊かになってきて、最近ではあちこちでこういう催しがあって楽しみです。
いろいろな国の人と話ができるし、その国の手芸品が買えるし、何よりの楽しみは、ご当地の料理を、手軽に味わえることです。
ここ「国際村一番地」では、食券をまず買ってそれからお目当てのブースに行きます。(余った食券はもどすことができます。)
12時前には早くも行列ができはじめ、前にいた男性があまりにドッサリ食券を持っていたので、「そ、そんなにたくさん食べるんですか・・?」と思わず聞くと「食べたいものたくさんあるからこの位ないと。。」とニコニコ顔。

さてまず私が行ったのは、タイのブース。ここの女主人は顔見知りで、彼女のタイレストランには週一回は行きます。ここで、パッタイ(ビーフンの焼きそば)とココナツミルクのデザートを購入。(ココナツミルクの中にタピオカと小豆が入っていて絶妙な味です。)タイ料理は、世界の料理ベストスリーの中に入ると私は思っています。
次にインドのタンドリーチキン、それからイランのシシカバブー、ベトナムのフォー、トルコのアイスクリームなどなど・・。一度には食べきれないので半分は持ち帰りにしました。

ホールでは民族ダンスや音楽が演じられ、手工芸品がずらり並んでいて、眺めているだけでうきうきします。売っている人が民族衣装を着ているので、つい話しかけたくなり、話しをすれば、安い物なので買いたくなるのです。このときはバリのブースで薄いスカーフを買いました。

飛行機に乗らなくても近くで本場の料理を楽しめるお祭りは、年に何回あってもいいです。あまり混んでいてはダメで、都会ではなく、小さな市や町でのこういうイヴェントがいいのです。
外国人労働者が増え、劣悪な労働条件で働いている人が多いと聞きますが、こういう楽しいお祭りで小さな交流ができるのはとてもいいと思います。

IMGP5036.jpgIMGP5040.jpg
写真はロシアの人。とてもきれいな民族衣装で、ニッコリ、ポーズを取ってくれました。

IMGP5038.jpg
こちらはメキシコのブース。きれいな織物がたくさんありました。

IMGP5042.jpgIMGP5043.jpg
タンドリーチキンとトルコのアイスクリーム。

nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

齊藤

ああ、楽しそうですね。バリの工芸品の奥に写っているのは、ロシアのコーナーでしょうか。チェブラーシカの人形やマトリョーシカが見えます。小さな町と言うのがまたいいですね。
by 齊藤 (2008-06-11 08:11) 

sachat06

斉藤さん、小さい規模がいいんですよね。子供連れでもゆったりできるようなちょうど良い混み具合でした。
おいしいものときれいなものがあれば、こんな幸せはありません。静かで和やかなフェスティバルでした!
by sachat06 (2008-06-11 21:47) 

ふくふきママ

こんにちは、ご無沙汰いたしております。
こういうお祭り、ステキですね。わたくしも、近くでやっていたら絶対行くと思います。
ロシアのかたのお写真、すごく魅力的です。衣装一式もしも売られていたら買ってしまいそうです。

タイ料理は、ロンドンでもインド料理とならんで都市を制覇しています。おいしいものは国境を超えますよね。
by ふくふきママ (2008-06-15 04:56) 

sachat06

ふくふきママさん、こんにちは。
そう、おいしいものは国境を越えるんですよね。
それに、おいしいものを前にすると、誰でもニコニコ、楽しい気持ちになって、みんな仲良くなれてしまうのです。
ロシアの民族衣装は本当にきれいでびっくりしました。これに対抗するには着物しかないですね。(私、着たことないんですが・・。)
by sachat06 (2008-06-15 21:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。